介護福祉士合格者の声1

☆佐々木 克枝様

試験会場で、一問めを見た瞬間、終わった・・・と思いました。

全く予想していなかった奇問(そうとしか思えませんでした)

けれど、それがかえって良かったのかもしれません。

周囲の受験生も、皆、鉛筆が止まっているのが分かりました。

私だけが分からないわけじゃないと言う事。

また、直前に三島さんが送って下さったメールを思い出し、焦らない、落ち着こうと、深呼吸しました。

それまでは、名前を書くのも震えるほど緊張していたのですが、急に潮がひくように、落ち着きました。

どんなに難しく思えても、絶対に分かる問題はあるはず。

何といっても6割が合格する試験です。

落ち着いて、自分を信じ、力を出しきる事に集中しました。

私が本腰を入れて勉強を始めたのは、1月に入ってからでした。

一緒に受験する同僚は、5月頃からテキストを持ち込んで昼休みも頑張って勉強していましたが、

私は追い込まれないとやる気が出ない性格なので、つい先延ばしになっていました。

まず、アドバイス通りに問題集を購入しCDは通勤の車の中や、外出時、常に聞いていました。

「何これ?お経みたい」

と子供達には不評でしたが、半月もすると問題自体を暗記するほどになりました。

ところが、1月中旬に風邪をこじらせてしまい、半月は全く勉強出来ない日が続きました。

それでも、この時期は勉強よりも、体調を整える事を優先しました。

5年分の過去問題が、9割正解出来るようになり、自分の中でも余裕がありました。

これが大きな間違いだと後で気が付くのですが、この頃は試験を甘くみていました。

2月に入ると、生活の全てが試験勉強中心となりました。

直前の1週間は仕事を休み、一日6時間問題を解きまくりました。

問題丸ごと暗記するようにしました。

予想問題にもチャレンジしましたが、余りにも範囲が広い試験なので、

全てを覚えるのは無理と考え、最後はやはりお勧めの問題集のみで試験に臨みました。

試験は、難しかったです。

午前でダメだと思い、午後に賭けようとしたところ、午後もダメ。

自分では、70点位だろうと思って帰宅しました。

ところが、夜、回答速報を見たところ、100点でした。

迷った箇所が全て正解でした。

自分の運の強さに驚きました。

今回の試験は、一般常識を問われる問題が多かった気がします。

疑問を持ったら、放っておかずにきちんと答えを見つける姿勢。

何事も中途半端にせずに、追求する姿勢。

そんな生き方を試されたような気がします。

今回、運で合格したような自分ですが、こんなに勉強したのは、本当にウン十年振りでした。

気持ちの良い充実した時間でした。

この経験は、私の宝物になりました。

最後になりましたが、直前の励ましのメール、ありがとうございました。

不安でたまらなかった時に、心の支えになりました。

試験は孤独です。

だからこそ、誰かの応援が心に沁みます。

介護福祉士らくらく合格勉強法


[介護福祉士合格者の声]
         10

[介護福祉士らくらく合格勉強法のポイント]

[介護福祉士らくらく合格勉強法の内容]

[三島茂人の決意]
 
介護福祉士短期合格勉強方法トップへ

[←戻る]